子育て

癇癪って

癇癪がおさまらないという悩みをお持ちのママへ

・どこまで、泣かせてあげればよいのか?
・どんな時に、癇癪スイッチが入るかわからない
・一度、癇癪が始まると長~い

こんなことが続いていませんか?

 

この記事では、日々の中でママが気を付けることができる簡単なステップを3つご紹介しています

 

まずママが子供と過ごす時間の中で確認してほしいポイントが3つあります。

 

①睡眠時間は足りていますか?

→これは、夜寝る時間というよりも、朝起きる時間を確認してみて下さい。

いくら早く寝かせてあげたくても、夜寝る時間を早めるということから調整するのは難しいので

朝、起きる時間から確認してみて下さい。

大人でも、ぐっすり眠れていなかったり睡眠不足だと
イライラしますよね。

まず、生理的欲求の部分を確認してください。

 

 

②血糖値が乱高下しやすい朝食をとっていませんか?

→朝、なかなか起きれなかったから
菓子パンだけ口に含んだ、ということもあると思います。

そういう日もあって、OK😊

急激に上がった血糖は、おなかの量的な満腹ではなくても満たされている感覚になるため

おなかも減りやすくなります。

午前中に、癇癪が頻繁に起こる場合は
朝食との関係も見てみて下さい。

もちろん、はじめから毎日というところが難しければ
週に1度から始めてみるでもOKです!

起きる時間が、整ってくると
朝ごはんも、自然に口に含む量が変化してくると思いますので
徐々に、で大丈夫。

 

 

③言葉にできない感情を出している

→例えば、環境が変化したり(喪失)

園に行く時に、下の赤ちゃんだけお母さんといることを
受け入れてもらえていない、と勘違いして捉えている時

癇癪という表現で表すことがあります。

癇癪が起こっている最中は
お母さんは、余分に注意を向けずに

しっかり泣かせてあげてください。

泣き方が

怒り泣きから → 少しだけ寂しそうな泣き方に
変化を感じるかもしれません。

そうして
泣き収まった時に
ことばで、お子さんの深い気持ちに寄り添います。

【怒りなきをしなくてもコミュニケーションが取れる】という経験を重ねていくことが

とても大切です。

 

 

 

無料メルマガでは

こころの育ちを知ってママが安心して子育てを楽しめるコツを発信しています

\ご登録はこちらから/

-子育て

© 2021 warmHeart-with Powered by AFFINGER5